脂肪溶解注射のメソセラピーとは:部分痩せにぴったり

施術の前に

回数が必要なことも

脂肪溶解注射は各国で認められている安心して受けられる手術ですが、受けるにあたって知っておきたいこともいくつかあります。
そのうちの一つが、脂肪溶解注射で理想の細さを作り出すのに、回数が必要になる、と言う点です。
というのも、脂肪溶解注射は一回で注射しきれる範囲が限られているので部分痩せと言えども面積の広い場所、脂肪が多い場所は脂肪溶解注射を繰り返し受けていく必要があります。
ですから人によっては即効で効果を実感できるというよりかは、繰り返し手術を受け、徐々にその変化を実感して行くと言う形になります。

ダウンタイムについて

基本的に脂肪溶解注射は肌を切ることなく注射のみの種j津ですから、体に負担がかかりにくいと言うのは別のページでお話しした通りです。
それ故に副作用などは起きにくいですが、かといってダウンタイムが全く起こらないと言うわけではありません。
人によってはちょっとした痛みや腫れ、内出血などが1週間近く続く場合がありますから、手術を考えているのであればダウンタイムについても一考しておきたいところです。
また、ダウンタイムがあってもなくても術後しばらくは激しい運動やサウナ、飲酒など、血行を良くするものは避けなくてはなりません。
ですからそういったものが趣味、日課と言うタイプの人は、どういったタイミングで手術を受けるのかと言うところもじっくり考えてから決める必要があると言えるでしょう。