脂肪溶解注射のメソセラピーとは:部分痩せにぴったり

メソセラピーとは

切らない手術

部分痩せにぴったりとされるメソセラピーとも呼ばれる脂肪溶解注射とはそもそもどういった手術なのかというと、脂肪を分解してくれる作用を持った薬剤を注射で部分痩せしたい部分に注射し、それによって溶解した脂肪の排出を促して痩せさせると言う、世界19か国で認められ、多くの人が利用している治療方法です。
他の痩身手術の様にメスを体に入れる必要もなく、ただ注射を受けるだけなので、部分痩せしたい気持ちはあるけれど怖そうな手術は嫌だと言う人におすすめです。
脂肪溶解注射と聞くと本当に効果があるのかや、その名前の強烈さから危ない手術なのではと思われがちですが、既にお話ししたように各国で認められており、決して心配する必要のない、安心して受けることのできる治療だと言えるでしょう。

負担が少ない

脂肪溶解注射と言うのは他の痩身手術よりも比較的負担が少ないといったところも魅力の一つです。
メスを入れる必要がないので体に大きな負担をかける必要なく、また、それ故に副作用を起こす可能性が低いのも脂肪溶解注射の特長だと言えるでしょう。
注射なので手術自体にはそれほど痛みを感じることはなく、薬剤は高脂血症の治療で使われる薬剤が用いられてますから安全性が高く、糖尿病や持病がある、もしくは妊娠中である場合を除けば大抵の人は脂肪溶解注射を受けることが可能です。
どういった手術を選ぶべきかと言うのは悩むものですが、だからこそそういった際にはこういった手段もあるのだと言うことを思い出してほしいと思います。